フィナステリドとノコギリヤシは一緒に使うとどうなる?安全性は大丈夫?

プロペシアやそのジェネリックにはフィナステリドという有効成分が含まれており、その作用は薄毛の原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑制するものです。DHTとは、男性ホルモンの一種で、5αリダクテーゼとテストステロンという男性ホルモンが交じり合うことで生成されます。

同様に、ノコギリヤシにもDHTの生成を抑制する作用があります。つまり、プロペシアとノコギリヤシは同じような育毛効果が期待できることがわかっています。

では、プロペシアとノコギリヤシを併用すれば更に育毛効果が高まると思われるかもしれませんが、これらを併用するのはおすすめできません。なぜなら、過剰摂取の恐れがあるからです。

プロペシアなどに含まれるフィナステリドには副作用があり、その副作用は「性欲減退」「勃起不全」、酷い場合には「うつ症状」などがあります。これは、フィナステリドが男性ホルモンに働きかけるため引き起こされる副作用だと言われています。通常、全体の2%程度の発症率だと言われているので、普通に一日一錠プロペシアを服用する分にはそこまで副作用の危険性はありませんが、ノコギリヤシを併用することで過剰効果が働き、プロペシアの副作用を起こしやすくしてしまう可能性があります。

なので、早く薄毛を治したいからといって、何でもかんでも併用することはあまりおすすめできる育毛とは言えません。

プロペシアとノコギリヤシならどっちがおすすめ?

finanokoでは、プロペシアとノコギリヤシではどちらが育毛に効果を発揮するかというと、それはやはり薬であるプロペシアの方が有用性は高いです。ですが、安全面を考慮するとノコギリヤシの方がおすすめです。プロペシアには副作用がありますが、ノコギリヤシには副作用がほとんどありません。

なので、プロペシアを使ってみたいという方も、まずはノコギリヤシを試してみるべきだと思います。ノコギリヤシにもプロペシアほどではありませんが育毛効果が期待できます。最初はノコギリヤシを試してみて、効果が見られない場合の最終手段としてプロペシアを使われることをおすすめします。

ノコギリヤシを飲んで、半年~一年程度経っても抜け毛が治まらない時はプロペシアという選択も良いかもしれません。また、ノコギリヤシと相性の良い育毛成分があります。それが「キャピキシル」という成分です。これは、Deeper3Dなどに含まれる新しい育毛成分で、ミノキシジルの3倍相当の毛髪成長力があると話題です。

ノコギリヤシとミノキシジルの併用も可能ですが、やはりミノキシジルにも副作用が認められていますので、副作用のないキャピキシルを使用するのがおすすめです。最近までは、プロペシアとミノキシジルの併用が一番効果的だと言われていましたが、再生医療の進歩により必ずしもプロペシアとミノキシジルだけが効果的というわけではなくなってきています。

副作用のない「ノコギリヤシ」×「キャピキシル」は新時代の育毛成分として大きな期待ができるものだと思います。

ミノキシジルを使わず育毛するならこれがおすすめ!

Deeper3D
キャピキシルを5%と高濃度配合した育毛エッセンス。ミノキシジルの約3倍の毛髪成長力で副作用なし!
GUNGUN
プロペシアなどのフィナステリドと同等の効果が期待できる育毛サプリ。ノコギリヤシ配合!副作用なし!
モンゴ流シャンプーEX
Deeper3Dとの相性バツグンの育毛シャンプー。モンゴロイド3大伝承成分が頭皮環境を改善!

コメントを残す