ミノキシジルタブレットを辞めるとまたハゲが進行する?上手に辞める方法はあるのか?

yameru

現存する育毛剤の中でも最も効果があり、副作用もそれなりにキツイ育毛剤がミノキシジルタブレットです。これには、2.5mg、5mg、10mgと濃度の違うものがあり、濃度が高いほど発毛効果が高く、重度の薄毛の方に人気のタブレットです。

しかし、発毛を促進する作用が強いからといって安易に手を出すと、きつい副作用に悩まされ使用を断念することも多いのが事実です。

 

 

ミノキシジルタブレットには、動悸顔のむくみ多毛症などといった副作用があります。また、これはミノキシジルタブレットに限ったことではありませんが、薬を飲み続けることで肝機能障害などといった危険な症状が出る場合もあります。薬漬けにはならないことをおすすめします。

ミノキシジルタブレットは飲む育毛剤と言われてはいますが、結局は薬です。薬の副作用で髪の毛を無理やり生やしているに過ぎません。重度の薄毛の方は仕方がないかもしれませんが、まだ抜け毛が増えてきて少し頭皮が薄くなってきた程度の人は手を出されないことをおすすめします。

薬で髪の毛を生やす場合、薬をやめれば薬の作用が切れたら、また抜け毛は進行します。なので、ミノキシジルタブレットを使用すれば一生飲み続けなければ髪の毛を維持できないのです。これは危険ですよね。

ただ、ミノキシジルタブレットを服用して生えた髪の毛を維持する方法もなくはありません。

ミノキシジルタブレットからキャピキシルへと移行する

deper3dミノキシジルタブレットには、確かな発毛効果が期待できます。なので、とりあえず薄毛を改善するためにミノキシジルタブレットを1年から2年程度服用します。だいたいの場合がこの期間で髪の毛がほぼ取り戻せるはずです。(手遅れの人を除く。)

そして、この頃から毎日飲んでいたミノキシジルタブレットを2日に一回、3日に一回と徐々に回数を減らしていきます。

これと同時に、ミノキシジルの3倍効果のある「キャピキシル」配合の育毛剤を使うようにします。おすすめはDeeper3Dという育毛剤です。キャピキシルを5%配合していて成長因子も入っていますので髪の毛の成長と抜け毛を抑える効果があります。

このように、徐々にミノキシジルタブレットをやめると同時に発毛効果が高くて副作用のないキャピキシルに移行していけばミノキシジルタブレットをやめても髪の毛を維持できます。これは医学的な見解ではなく、個人が実験した方法ですのですべての人に当てはまるわけではありませんが、ただミノキシジルをやめるよりも遥かに有意義だと思います。

もちろん、最初からミノキシジルタブレットを使わずキャピキシル配合の育毛剤を使われるのが一番だと思いますが、すでにミノキシジルタブレットを服用していてやめたいと考えている方は参考にしてみてください。

ミノキシジルを使わず育毛するならこれがおすすめ!

Deeper3D
キャピキシルを5%と高濃度配合した育毛エッセンス。ミノキシジルの約3倍の毛髪成長力で副作用なし!
GUNGUN
プロペシアなどのフィナステリドと同等の効果が期待できる育毛サプリ。ノコギリヤシ配合!副作用なし!
モンゴ流シャンプーEX
Deeper3Dとの相性バツグンの育毛シャンプー。モンゴロイド3大伝承成分が頭皮環境を改善!

コメントを残す