前頭部には効果なし?ミノキシジルは頭頂部にしか効かないのか?

AGA、男性型脱毛症による薄毛の進行パターンには、前頭部(おでこ)から徐々に後退していくタイプと、頭頂部(てっぺん)から薄くなるタイプに分かれます。ちなみにAGAの場合は側頭部や後頭部がハゲることはありません。

前頭部からハゲるタイプの人の代表的な芸能人と言えばモト○樹さんなどが有名です。割合的に見ても前頭部からハゲるタイプの人が多いのですが、ミノキシジルは前頭部には効果がないのではないかと言われているので今回はその辺りの話をしていきたいと思います。

 

 

なぜ、前頭部ハゲと頭頂部ハゲに分かれるのか?

5arufariAGAの原因は、男性ホルモンと5αリダクターゼという脱毛酵素が混ざり合うことで発生するジヒドロテストステロン(DHT)が増加することで起こります。また、5αリダクターゼには1型と2型があります。この二つは存在する部分が異なります。1型5αリダクターゼは主に皮脂腺に多く存在し、2型5αリダクターゼは主に毛乳頭と呼ばれる部分多く存在します。

そして、この内の2型5αリダクターゼの方がより薄毛を進行させる特徴があることがわかっています。つまり、薄毛を治すためには2型5αリダクターゼを抑制することが大切なのです。では、なぜミノキシジルは前頭部に効きにくいと言われているかというと、2型5αリダクターゼは前頭部に多く存在するからです。

ですが、これはミノキシジルが効いていないというよりも、ミノキシジルの発毛効果よりも早く抜け毛が進行していることが考えられます。なので、対処としてはミノキシジルではなく5αリダクターゼを阻害する作用のあるプロペシアやフィンペシアが有効です。

また、頭頂部は1型5αリダクターゼの影響で薄毛になる割合が大きいのでミノキシジルは頭頂部によく効くと言われているのです。薄毛は前頭部ハゲよりも頭頂部ハゲの方が治しやすく、前頭部ハゲを治すためにはおでこが後退していく前にプロペシアなどを服用して予防することが大切です。

しかし、おでこの後退は実はなかなか気づくことが難しく、気づいた頃にはおでこが広くなってきているということが多いです。自分がハゲるとは元々思っていなければ予防も難しいことなのかもしれません。なので、自分の親族に薄毛の人がいる方は、自分も将来ハゲるかもしれないとなるべく早めの薄毛予防をしていくと良いかと思います。

ミノキシジルを使わず育毛するならこれがおすすめ!

Deeper3D
キャピキシルを5%と高濃度配合した育毛エッセンス。ミノキシジルの約3倍の毛髪成長力で副作用なし!
GUNGUN
プロペシアなどのフィナステリドと同等の効果が期待できる育毛サプリ。ノコギリヤシ配合!副作用なし!
モンゴ流シャンプーEX
Deeper3Dとの相性バツグンの育毛シャンプー。モンゴロイド3大伝承成分が頭皮環境を改善!

コメントを残す