耐性がある?ミノキシジルは徐々に効果が薄くなるのか?

男性型脱毛症は年々、若年化していっていることが深刻化してきています。まだ20代の前半だというのに徐々に頭皮がスカスカになり、気づいた頃には手遅れのような状態になることも最近では珍しいことではありません。

AGAというのは進行性の特徴を持っていますので、一度抜け毛が始まると自然に治まるということはありませんので、早めの対処が必要です。ミノキシジルやプロペシアといったAGA治療薬がメジャーになってきてはいますが、巷ではミノキシジルやプロペシアには耐性があるのではないかと噂されています。

 

 

耐性とは?

説明をする医師「耐性」というのは、薬などを反復して使い続けることで体がその薬に対して抵抗性を持ち、効力がどんどん下がっていくことを言います。つまり、ミノキシジルを飲み続けると体がその作用に抵抗することで本来のミノキシジルの発毛効果を発揮できなくなるのではないか?ということです。

しかし、基本的にミノキシジルやプロペシアが出回るようになってからまだ期間が短いためこの検証は難しいと思います。ただ、ミノキシジルを10年使っている人でも効果を維持している人も大勢いますので、この仮説はやはり都市伝説的な話と判断して大丈夫だと思います。

勿論、これが20年後や30年後に耐性がつくという可能性はゼロではありませんが、そもそもそんなに長い期間ミノキシジルを服用する方が危険だと思います。ミノキシジルは服用開始からおよそ1年程度で大抵は満足できるくらいは発毛を実感できると思います。逆に1年飲んでも髪の毛に変化がない場合は効かなかったという結論となります。

なので、ミノキシジルは1年から2年程度の服用で中止して、今度はその生えた髪の毛を維持するために副作用のない育毛を目指すべきです。耐性があるとかないとかの話よりもどうやってミノキシジルを使わずに育毛するかが大切だと思います。長期の服用で副作用が出る可能性の方がリスクが高いからです。

基本的に、ミノキシジルは一度使うとミノキシジルで生えた髪の毛はミノキシジルでしか維持できないと言われていますが、発毛効果の高いキャピキシルなどの育毛成分を用いればミノキシジルで生えた髪の毛も維持することができます。市販の育毛剤では難しいかもしれませんが、そうゆう方法もあります。

もちろん、最初からミノキシジルを使わずに発毛させることが一番です。これからの育毛にはキャピキシルやノコギリヤシといった副作用がない育毛成分が主流となるのは間違いありません。

ミノキシジルを使わず育毛するならこれがおすすめ!

Deeper3D
キャピキシルを5%と高濃度配合した育毛エッセンス。ミノキシジルの約3倍の毛髪成長力で副作用なし!
GUNGUN
プロペシアなどのフィナステリドと同等の効果が期待できる育毛サプリ。ノコギリヤシ配合!副作用なし!
モンゴ流シャンプーEX
Deeper3Dとの相性バツグンの育毛シャンプー。モンゴロイド3大伝承成分が頭皮環境を改善!

コメントを残す