ミノキシジルとプロペシアは日本皮膚科学会も推奨している毛生え薬?

hifuka

男性型脱毛症診療ガイドラインというものをご存知でしょうか?これは、現代の日本で科学的な根拠のない治療法が世の中に横行していることから、正しい治療法をガイドするために作られたものです。今は通販で簡単に育毛剤が買える世の中で非常に便利ですが、基本的に世の中に出回っている育毛剤というのは基本的に効かないことが多いのです。

その、日本皮膚科学会の育毛ガイドラインの中で、ミノキシジルやプロペシアは推奨されています。つまり、ミノキシジルやプロペシアは科学的な根拠に基づき、効果が証明されていることになります。

 

 

ミノキシジルとプロペシアの推奨度は「A」

まず、そのガイドラインに目を通してみてください。

男性型脱毛症ガイドライン(2010年)

gaide右の表でも記されていますが、CQ1とCQ4の項目に注目してみてください。

男性型脱毛症にミノキシジルの概要は有用か?のところでは、推奨度は「A」、また、男性型脱毛症にフィナステリド(プロペシア)の内服は有用か?でも推奨度は「A」となっています。

推奨度「A」はこのガイドラインでは、「行うよう強く勧められる」という分類になりますので、ミノキシジルもプロペシアも日本皮膚科学会的にはおすすめの治療薬ですよ。ということになります。ただ、これはミノキシジルに関しては「塗りミノキ」のことを指しています。ミノキシジルタブレットのことではありません。

gaido1

 

右の図を見てもらえればわかりますが、男性の場合、ミノキシジルを5%配合した塗りミノキが推奨されています。女性でもミノキシジル1%配合のものであれば使っても問題はなさそうですね。

ただ、女性はプロペシアは使えませんので注意してください。女性がプロペシアなどのフィナステリドに触れたり、服用したりすると重篤な副作用が引き起こされる可能性があります。

また、ミノキシジルもプロペシアも世の中に出てきてまだ日が浅い薬といえます。短い使用期間では重篤な副作用が出なかったとしても、継続的に長い年月使用を続ければ重篤な副作用が出てくることも考えられます。

使用の際には、自己責任で扱うようにしましょう。

 

今では、ミノキシジルに変わる育毛成分として「キャピキシル」などの成分も新たに出てきました。これは副作用もなくミノキシジルの3倍の効果があると話題です。実際に使っている人もキャピキシルには効果があると評判です。この日本皮膚科学会のガイドラインは2010年のものですので、次にこのガイドラインが更新される頃にはこのキャピキシルも推奨成分として書き加えられるかもしれませんね。

ミノキシジルを使わず育毛するならこれがおすすめ!

Deeper3D
キャピキシルを5%と高濃度配合した育毛エッセンス。ミノキシジルの約3倍の毛髪成長力で副作用なし!
GUNGUN
プロペシアなどのフィナステリドと同等の効果が期待できる育毛サプリ。ノコギリヤシ配合!副作用なし!
モンゴ流シャンプーEX
Deeper3Dとの相性バツグンの育毛シャンプー。モンゴロイド3大伝承成分が頭皮環境を改善!

コメントを残す