プロペシアは子作りをする期間は服用しないほうが良い?

プロペシアは抜け毛を抑制する薬として日本のAGA専門のクリニックでも処方されています。ミノキシジルと併用することで高い育毛効果を発揮するので愛用者も多いのが事実です。

しかし、プロペシアにもミノキシジルにも副作用がありますので、使用の際には十分な注意が必要です。副作用のリスクを知らずに安易に使用すると後で大きな代償を失うことにも繋がりかねません。

 

 

女性はプロペシアを絶対に飲んではいけない!触ることも厳禁!

damedame特に、プロペシアを使用している期間中は子作りなどは避けたほうが良いと言われています。なぜならプロペシアに含まれるフィナステリドを女性が触れたり誤って飲んだりしてしまうと、奇形児が生まれるリスクが高まるからです。

ただ、男性がプロペシアを服用している期間に妊娠したとしても子供に影響を与える心配はほとんどないとも言われています。あくまで女性がプロペシアの錠剤に触れたり誤飲してしまった時にこれは起こりうるトラブルです。

ですが、プロペシアの副作用はそれだけではありません。男性がプロペシアを服用すると「性欲減退」や「勃起不全」他にも「精子の数が減る」といった危険性もありますので気をつけなくてはいけません。これは、プロペシアだけでなく、ジェネリック医薬品のフィンペシアやデュタスなども同様です。フィナステリドが配合されているものは同様の副作用が起こる可能性があります。

プロペシアを飲むと精子が減る可能性も!

seisi日本ではあまり知られていませんが、プロペシアに含まれるフィナステリドは元々、前立腺肥大症や前立腺がんの治療に使われている薬剤です。なので、男性ホルモンに影響し精子が減少するなどの副作用を引き起こすのではないかと言われています。

プロペシアを飲んでいる間でも子作りをしても大丈夫と言っても、男性側の精子が少なくては、結局「不妊」に悩まされる結果となるのです。アメリカでもプロペシアを服用したが為に不妊に悩まされている人が大勢いて、プロペシアの服用をやめたとしても、今度は不妊治療を行わなくてはならないといった二重苦となるのです。

薄毛は年々、若年性脱毛症として若い人の薄毛が深刻化してきています。これは、コンビニなどの普及で栄養面の偏りなどからきているのではないかとも言われていますが、薄毛の治療に安易にプロペシアなどのフィナステリドを使うと、益々少子化問題は深刻となるのではないでしょうか。

プロペシアやミノキシジルは錠剤を飲むだけのお手軽な育毛法です。それだけに副作用に悩まされる人も増えています。プロペシアやミノキシジルを使わなくても発毛はできる時代へと変わってきています。正しい知識を身につけることもとても大切なことです。

ミノキシジルを使わず育毛するならこれがおすすめ!

Deeper3D
キャピキシルを5%と高濃度配合した育毛エッセンス。ミノキシジルの約3倍の毛髪成長力で副作用なし!
GUNGUN
プロペシアなどのフィナステリドと同等の効果が期待できる育毛サプリ。ノコギリヤシ配合!副作用なし!
モンゴ流シャンプーEX
Deeper3Dとの相性バツグンの育毛シャンプー。モンゴロイド3大伝承成分が頭皮環境を改善!

コメントを残す