ミノキシジルが効かない理由はアレと生活習慣にあった!

bouinn

日本では、2005年頃からプロペシアやミノキシジルと言ったAGA治療薬が流行したことにより薬で薄毛を治す人が増えてきました。副作用もありますが、確かな効果でそれらの治療薬は飛躍的に売れていて薄毛は治せる時代へと変化してきました。

しかし、薄毛の人の中でもミノキシジルが効かないという人もいます。それはなぜなのか?理由は薄毛の進行度、体質、生活習慣など様々あります。では、どうすればミノキシジルを有効に活用することができるのかということを考えていきましょう。

 

ミノキシジルと併用すると効果を上げるフィナステリド

propecia_usミノキシジルは血管を広げて血流を良くすることで頭皮の血行不良を改善し、毛母細胞を活性化させることで発毛を促進します。つまり、ミノキシジルには「抜け毛を止める」作用はありません。例えば、抜け毛が毎日300本ある人がミノキシジルを使って髪の毛を増やそうと思っても、生えてくる毛と抜ける毛のバランスが取れていなければミノキシジルが効いていないのと同じなわけです。

そこで、有効なのが「フィナステリド」を併用するという方法です。フィナステリドとは、プロペシアなどに含まれる有効成分で抜け毛を抑制する作用が強い成分です。そのメカニズムは、男性ホルモンと結合すると、ジヒドロテストステロンという脱毛ホルモンへと変わる「5αリダクターゼ」という酵素を阻害することで抜け毛を抑制します。

抜け毛の原因を直接ブロックするので非常に効果が高くメジャーになってきた成分です。「性欲減退」や「勃起不全」などの副作用も全体の数%報告されていますが、その効果の高さから男性型脱毛症の方々に人気のAGA治療薬です。

また、プロペシアのジェネリック医薬品として登場した「フィンペシア」は価格面でもプロペシアの1/3以下で購入できることから今ではプロペシアを上回る人気の治療薬となりました。ミノキシジルが効かないという人はフィンペシアなどで5αリダクターゼの阻害をするとより効果的だと言えます。

生活習慣改善でミノキシジルが効く体になる

dorodoroミノキシジルは発毛を促進する薬剤として優秀ではありますが、その製品自体がいくら優秀でも使う人の体質に問題があればその効果も半減します。

ミノキシジルは血液にアプローチする薬です。血管を広げて血圧を上げることで血流をよくするのですが、使う人の血液がドロドロの場合、いくらミノキシジルで血管を拡張しても頭部の毛細血管まで血液が届かなければ意味がありません。

毛髪というのは栄養がなければ育ちません。なので、日頃から毛髪の成長に良い食べ物を摂取し、血液をサラサラにする努力も必要不可欠なのです。脂っぽいものを好んで食べたり、運動不足などから血液がドロドロな人にはミノキシジルが効かず、副作用だけに悩まされるという最悪な事態を引き起こしてしまうのです。

いずれにしても、ミノキシジルやフィンペシアなどのフィナステリドは薬です。薬には必ず副作用というものがあります。また、薬で生えた髪の毛は薬でしか維持できません。一生ミノキシジルとフィナステリドを飲み続けるという行為はおすすめできるものではありませんので、日頃から食生活や発毛効果の高く、副作用のない育毛剤で健全な育毛生活を送ることをおすすめします。

ミノキシジルを使わず育毛するならこれがおすすめ!

Deeper3D
キャピキシルを5%と高濃度配合した育毛エッセンス。ミノキシジルの約3倍の毛髪成長力で副作用なし!
GUNGUN
プロペシアなどのフィナステリドと同等の効果が期待できる育毛サプリ。ノコギリヤシ配合!副作用なし!
モンゴ流シャンプーEX
Deeper3Dとの相性バツグンの育毛シャンプー。モンゴロイド3大伝承成分が頭皮環境を改善!

コメントを残す