ミノキシジルの正しい飲み方と服用するタイミングとは?

nomikata

飲むタイプのミノキシジル(ミノタブ)は正しい飲み方をしないと重篤な副作用に悩まされることになりますので気をつけましょう。

まず、ミノキシジルタブレットには「2.5mg」「5mg」「10mg」と用量の違うものがあります。2.5mgは副作用の影響が少ない初心者向けのミノキシジルで、10mgは薄毛がかなり進行した人に向いている錠剤です。

 

ミノキシジルを始めて使用する方は2.5mgから使うようにしましょう。また、ミノキシジルの副作用について知識がない方はしっかりと副作用を確認してから使う決断をしてください。

icon-check-b-gミノキシジルの副作用についてはこちら

基本的に、ミノキシジルを使った育毛はリスクが高いのでおすすめではありませんが、それでも使いたいという方はミノキシジルの正しい飲み方をここで覚えていきましょう。

ミノキシジルタブレットの服用方法と注意点

kikenミノキシジルは10mgまでが一日の上限です。それ以上飲むと副作用が出やすくなりますので絶対にしてはいけません。また、10mgも高容量ですのでなるべく5mg以下で留めておくのがおすすめです。

[ip5_coloredbox color=”colored-box–red” width=””]ミノキシジルはたくさん飲むほど効果も高いと言われていますが、たくさん飲むほど重篤な副作用が返ってきます。特に、心臓への負担が大きくなりますのでご注意ください。一部では、ミノキシジルは100mgまでなら飲んでも大丈夫などの誤った情報がありますので気をつけてください。[/ip5_coloredbox]

次に、ミノキシジルを服用するタイミングですが、これは特に決まったことはありません。ただ、寝る直前などにミノキシジルを飲むと朝起きた時に動悸がすることが多くなる傾向にありますので、飲むなら昼食後か夕食後がおすすめです。また、ミノキシジルは食後でなくても飲めますので必ず食後出ないといけないわけではありません。

通常、2.5mgを一日一回飲むことをおすすめしますが、3ヶ月飲んでみても産毛が生えてこないという方は、2.5mgを朝、晩の二回に分けて合計5mgを摂取する方法もあります。5mgを一回でもいいですが、薬の体内濃度を均一にするためには二回に分けて飲むのが有効的です。

また、重度の薄毛の方(さざえさんの波平レベル)の頭皮の方は5mgを二回飲むと効果的です。但し、副作用は出やすいですので注意してください。

 

あくまで、ミノキシジルは健康な成人男性向けの飲む育毛剤です。次のような人は服用するのは避けたほうが無難です。

icon-check1-g心臓や肝臓、腎臓などに疾患のある方。

icon-check1-g血圧に異常があり治療を受けている方。

icon-check1-g元々、低血圧気味な方。 他の薬で副作用が出たことがある方。

icon-check1-g未成年、女性の方。

icon-check1-g人工透析などの治療を受けている方。

icon-check1-g高齢な方。

また、ミノキシジルはプロペシアなどとは併用して飲んでも大丈夫ですが、風邪薬や頭痛薬などとの飲み合わせはおすすめできませんので、ミノキシジルを飲んですぐに違う薬などは飲まないようにしてください。4時間程度の間隔は空けることをおすすめします。

基本的に、ミノキシジルタブレットを使った育毛はやめたほうが良いですが、それでも服用する方は参考にしてください。また、長期服用もおすすめできませんので、ミノキシジルである程度髪の毛が戻ってきたら、キャピキシルなどの副作用のない育毛剤に変えるなどして副作用を軽減していきましょう。

ミノキシジルを使わず育毛するならこれがおすすめ!

Deeper3D
キャピキシルを5%と高濃度配合した育毛エッセンス。ミノキシジルの約3倍の毛髪成長力で副作用なし!
GUNGUN
プロペシアなどのフィナステリドと同等の効果が期待できる育毛サプリ。ノコギリヤシ配合!副作用なし!
モンゴ流シャンプーEX
Deeper3Dとの相性バツグンの育毛シャンプー。モンゴロイド3大伝承成分が頭皮環境を改善!

コメントを残す