ミノキシジル服用時は必ず「初期脱毛」という脱毛期が訪れます

syokidatumou01

ミノキシジルを飲み始めて1週間から2週間程度経つと「初期脱毛」という抜け毛が増える症状が出ます。これは、ヘアサイクルと関係していてミノキシジルを使う上では避けて通れないものです。

この初期脱毛は、古い毛を先に押し出してしまい後から生えてくる健康な毛髪を生やすための準備期間とも言えます。

なぜ、初期脱毛は起こるのか?

そもそも、なぜミノキシジルを使うと初期脱毛が起こるのかというと、AGA、男性型脱毛症を発症している人のヘアサイクルは完全に乱れています。

ヘアサイクルは通常、成長期が2年から6年、退行期が2週間程度、休止期が3ヶ月から4ヶ月と言われています。しかし、抜け毛が増えて薄毛が目立ってきているようなAGAの人は、成長期が数ヶ月から1年程度と正常の人よりもかなり短くなっています。

mousyuki

このサイクルが乱れてくることにより、毛髪の生成が追いつかず髪の毛が徐々に減ってきて薄毛が目立つようになります。これが薄毛のメカニズムです。

その乱れたヘアサイクルを正常な状態に戻すために初期脱毛は起こるのです。

初期脱毛は髪の毛が増える前兆?

nukegeAGAの人がミノキシジルを使うと、まずはヘアサイクルを正常に戻す作業へと取り掛かります。なので、成長期が短い毛髪を先に抜け落としてしまい、ヘアサイクルが正常な健康な毛髪を生やすために準備をするのです。

初期脱毛の期間は個人差がありますが、大体3週間から4週間と言われています。この間、抜け毛はいつもの倍くらい増えます。多い人だと一日400本程度抜けたという話も聞きます。なので、ミノキシジルを始めて使う人はその抜け毛の多さに驚き使用を中止してしまうということもしばしばあります。

ですが、ミノキシジルを使う以上初期脱毛は避けて通れないものです。逆に言えば初期脱毛が起こるということはミノキシジルが効いているという証拠にもなりますのでミノキシジルを使うのであれば抜け毛が増えることを我慢しなければなりません。

そして、無事初期脱毛の期間を過ぎると健康な髪の毛が徐々に増えてきます。また、この初期脱毛の期間を抜けたとしても定期的に脱毛期が訪れます。季節の変わり目などによくあると言われていますが、夏から秋にかけて抜け毛が増える時期があると言われています。

ミノキシジルにはこのような症状があります。確かに発毛効果の高いミノキシジルを使えば髪の毛を増やせるかもしれません。ですが、その効果の反面、重篤な副作用もあります。ミノキシジルだけが発毛促進に効果があるわけではありません。今では確かな育毛効果が証明された育毛剤が出てきています。一昔前までは薄毛は諦めるしか道はありませんでした。でも、今は違います。ミノキシジルと使わなくても髪の毛は取り戻すことはできるのです。

リスクの高いミノキシジルはできるだけ使わずに育毛していきましょう。

ミノキシジルを使わず育毛するならこれがおすすめ!

Deeper3D
キャピキシルを5%と高濃度配合した育毛エッセンス。ミノキシジルの約3倍の毛髪成長力で副作用なし!
GUNGUN
プロペシアなどのフィナステリドと同等の効果が期待できる育毛サプリ。ノコギリヤシ配合!副作用なし!
モンゴ流シャンプーEX
Deeper3Dとの相性バツグンの育毛シャンプー。モンゴロイド3大伝承成分が頭皮環境を改善!

コメントを残す