危険!ミノキシジルで一番重篤な副作用「動悸」の症状

抜け毛、発毛の対策としてミノキシジルを使う人が増えていますが、ミノキシジルを使うと重篤な副作用に悩まされることがあります。

ミノキシジルにはいくつか副作用が報告されていますが、その中でも一番危険なのが「動悸」の副作用です。動悸というのは、突然心臓の鼓動がドクンッドクンと脈打つ症状で息苦しさも感じます。いきなり心臓が止まるのではないかという不安に襲われるので注意が必要です。

これは、ミノキシジルの含有量によっても症状が変わります。用量が多いほど動悸が起こる割合も高くなりますので使用する場合は低容量のミノキシジルから使っていくことをおすすめします。

なぜ動悸がするのか?

ミノキシジルは血圧を下げる作用を利用して血流を増加させ、頭部の毛細血管へ栄養を送り届けます。その結果、それまで行き届かなかった細部の血管まで血液が届くので発毛の促進となるのです。しかし、日頃から血圧が低い人がミノキシジルを使用すれば更に血圧が下がることになりますので循環器に疾患が出ると言われています。

血圧をうまくコントロールすることが出来れば動悸は起こりませんが、心拍数が増加するなど副作用が出る場合は使用を中止した方が良いでしょう。

doikiim

また、ミノキシジルを服用するタイミングでも動悸が出る出ないに分かれます。夜、寝る前にミノキシジルを服用すると朝起きる頃には血圧が下がった状態になりますので、動悸が出やすいと言われています。なので、ミノキシジルを服用するなら朝起きてから朝食を摂った後などがベストなタイミングではないかと言われています。

しかし、これには個人差がありますので自分の体と相談しながら服用するようにしましょう。基本的にミノキシジルは食後に飲まなければならないという決まりはありません。空腹時でも飲んで大丈夫です。その点を考慮して動悸が起きにくい時間帯を見極めることも大切です。

ただ、やはりミノキシジルはリスクの高い内服薬です。薬に依存せずに副作用のない育毛剤などを使用して健全な育毛を心がけていくことをおすすめします。特に低血圧の人や心臓が弱い方などはミノキシジルを使わない育毛をしましょう。

髪の毛を取り戻す為に健康を害するなんて本末転倒ですからね。近年、再生医療の技術は急激に加速していてミノキシジルなどの薬剤を使わずとも毛髪の再生はできる時代になってきました。安心、安全な育毛法は確かに存在します。育毛剤の成分をしっかりと見て効果のある育毛剤を選ぶようにしましょう。

ミノキシジルを使わず育毛するならこれがおすすめ!

Deeper3D
キャピキシルを5%と高濃度配合した育毛エッセンス。ミノキシジルの約3倍の毛髪成長力で副作用なし!
GUNGUN
プロペシアなどのフィナステリドと同等の効果が期待できる育毛サプリ。ノコギリヤシ配合!副作用なし!
モンゴ流シャンプーEX
Deeper3Dとの相性バツグンの育毛シャンプー。モンゴロイド3大伝承成分が頭皮環境を改善!

コメントを残す