ミノキシジルを長期連続使用すると「肝機能障害」も懸念される

kankinou

ミノキシジルは薬ですので長期的な服用を続けると肝機能を低下させると言われています。一般的に肝臓が何かしらの障害を抱え、正常な働きをしなくなることを肝機能障害と呼びます。

ネット上でもミノキシジルの副作用で肝機能障害があると言われています。今回はミノタブと肝臓のお話です。

肝臓は、薬やアルコール、老廃物などを分解する働きを持っています。体内の不要物を解毒することで健康を維持します。

しかし、ミノキシジルのような錠剤を毎日継続して飲み続けると肝臓が悲鳴をあげて肝機能を著しく低下させるのです。ただ、これには個人差があります。肝臓が頑丈な人はミノキシジルを飲み続けたとしても肝臓に異常が出ない場合もあります。

例えば、毎晩浴びるほどお酒を飲む人とミノタブを毎日飲み続けるのでは、アルコールの方が遥かに肝機能障害を引き起こすリスクは高くなります。

ですが、ミノキシジルによる肝機能障害の可能性もゼロではありませんので、肝臓が弱い人などは使用を避けて安全な育毛に取り組むことをおすすめします。最悪の場合は肝硬変など命に関わる病に進展する場合もあります。

肝臓は弱っていても自覚症状が出ないことがほとんどですので、気がついた時には手遅れという最悪のケースも考えられます。基本的にミノキシジルでそこまで重症化することはありませんが、定期的に健康診断を受診して肝臓の健康基準値を把握しておくと良いでしょう。

また、日頃から肝臓に良い食べ物を摂取するのもおすすめです。肝臓にはタウリンが良いと言われています。肝臓から出る分泌物の肝汁酸にはコレステロールを分解する作用があります。タウリンを含有する食物を食べることで胆汁酸が多く分泌されますので血中コレステロールを下げることができます。

一番摂取しやすいのが「牡蠣」を食べることです。牡蠣にはタウリンが含まれていて肝臓に貯まった中性脂肪を排出してくれる働きがあります。それにより肝機能を正常に戻すことができるのです。毎日牡蠣を食卓に出すことは難しいと思いますのでそういった場合はサプリで補うのがおすすめです。

国産「しじみ×牡蠣×スクワレン」レバリズム-L

肝臓は一度機能を落とすと治療のしようがありませんので、大事にしていきましょう。ミノキシジルは一度服用すればずっと飲み続けなければ効果が持続しない薬です。できるだけミノキシジルを使わない育毛を心がけていきましょう。

 

ミノキシジルを使わず育毛するならこれがおすすめ!

Deeper3D
キャピキシルを5%と高濃度配合した育毛エッセンス。ミノキシジルの約3倍の毛髪成長力で副作用なし!
GUNGUN
プロペシアなどのフィナステリドと同等の効果が期待できる育毛サプリ。ノコギリヤシ配合!副作用なし!
モンゴ流シャンプーEX
Deeper3Dとの相性バツグンの育毛シャンプー。モンゴロイド3大伝承成分が頭皮環境を改善!

コメントを残す